年表を軸に全体を覚えておくと暗記がスムーズ

学生の頃から歴史、特に日本史の授業が大好きでした。

 

テストの点数だけをとるなら指定されている箇所の暗記だけをすればよいことですが、年表を軸に全体を覚えておくと暗記がスムーズに行きます。

 

逆にテストの範囲が江戸時代であるなら江戸時代の箇所をすっぽり頭から抜き出せばよいだけです。

 

歴史が好きな人はその時代だけの勉強をするのではなく、数々の歴史をおって勉強している人がほとんどのはずです。

 

そうすることによって誰と誰が繋がっていてというのが明確に分かるようになてきます。

 

よく暗記カードなどを使って勉強をしていましたがアレはテスト用です。

 

一時的に覚えてテスト対策という方には向いていますが、日本の流れを知ることはできないので全体を見たい人には不向きと言えます。

 

なぜならその箇所だけを勉強することによって江戸時代で活躍した人物を学ぶことはできても、他の時代を勉強していないと区別が出来なくなって時代時代がごちゃごちゃになってしまうのです。

 

例えば坂本竜馬と黒船のペルーは有名ですが、同じで時代に登場してきたこの2人も別々に勉強をしてしまうと全く別の時代の人の勉強になってしまい混乱を招きやすいんです。

 

テスト範囲でこの2人が分かれているようであれば勉強の範囲も違ってきてしまいますからね。

 

一番楽しく歴史を覚えたいのえあれば、歴史の漫画本を最初から続けて読んでいくことです。

 

これも飛ばさないで順番に読むことで時代の流れが掴めてわかりやすいです。

 

これから学ぼうと思っている方はぜひお試し下さいね。