歴史の覚え方さえマスターすれば得意教科として活躍してくれる!

 

いろんな暗記方法はあるけど、どの方法で暗記してもちっとも覚えられないこともあるだろう。

 

 

そして歴史を覚えるのには結構な時間もひつようだね。中学、高校の社会ではこの歴史を覚えることができるかどうかが大きな鍵になることは間違いない。

 

 

中には暗記方法がわからずに、暗記をあきらめて社会や日本史、世界史をあきらめている人もいるかもしれない。

 

 

だけどちょっと待って!

 

実は歴史には時間をかけずに暗記できる方法もあるんだ。

 

今の自分の成績を見てみよう。

 

 

社会や日本史、そして世界史のスコアがあと20%伸びるとしたら、10点や20点上がるとしたら、日頃の成績も、受験できる学校も、ちょっと変わってくるんじゃないかな?

 

自分の成績を少し振り返ってみよう。

 

 

もし、今、自分なりの歴史暗記方法を持っているのであれば、暗記にかける時間がどのくらいかかっているか考えてみよう。覚えるのが苦手だったりすると、膨大な時間を費やしているということに気づくだろう。

 

 

でもその時間を減少させることができれば、その分他の教科の勉強に充てることができるのはもちろん、勉強時間を減らすこともできるかもしれない。

 

 

時間をかけて歴史を暗記しようとしても、その時間を100%有効に利用することは難しい。

 

 

 

どこかで集中的に覚えようと二時間歴史暗記に費やしたとしても、そのうちの多くの時間は無駄に使っているということになるんだ。こんな効率の悪い歴史暗記は捨ててしまおう。

 

 

そう考える人もたくさんいるのがわかるよね。

 

 

でも歴史の暗記は中学から高校まで少なくとも6年間は付いて回る。避けて通ってもほかの教科でカバーすることはできるかもしれないけど、時間をかけずに歴史暗記を得意にしてしまえば志望校は今より更にランクアップすることになる。

 

 

どうせ6年間も付き合うのであれば、避けて通るよりもむしろ得意教科にしてしまったほうが良いよね。

 

 

そして歴史暗記に良くあるのが、覚えたと言う気持ちになるというパターンだ。時間をかけて歴史暗記をすると、その場では暗記したように感じる。

 

 

でも、実際にテストなどに挑むと思ったより覚えていないという経験は誰でもあるよね。

 

 

これでは全く意味はない。暗記に使った時間がただの「無駄な時間」になってしまうこともあるんだ。

 

 

そうなると確実に記憶に残るような暗記方法が必要になる。語呂合わせで覚えるのも良いけれど、歴史暗記にはもっと楽で簡単な方法もある。覚え方も人によっては違うからね。

 

 

結局語呂合わせで覚えるにしても、語呂を暗記するということを考えれば暗記することは避けれない。それなら効率の良い暗記方法は知っておいて損はないよね。

 

 

歴史暗記方法で良くありがちなのは、ばらばらにそれぞれの年号や出来事を暗記する方法だ。もちろんこれでも覚えることができるけど、やっぱり一番いいのは全体を流れで覚えることなんだ。

 

 

別々に覚えてしまうとその覚えたものが間違っていた時には目も当てられない。でも全体を流れで覚えていれば、前後関係を間違って覚えることはないだろう。

 

 

たとえ記憶に明確に残っていなくても前後から予測をすることも可能になる。

 

 

あくまでも教科の一つであることを考えると、あまり時間もかけていられない、もちろんお金もね。

 

 

そう考えると行きつくところはできるだけ短時間で確実に、お金をかけずに歴史暗記をすることが最適ということになる。

 

 

夢のような話だけど、全体の流れを把握しながら覚えることで確実に歴史暗記を達成することも可能なるんだ。

 

 

流れで暗記した歴史は中学、高校の授業だけではなく、大学に行っても全体を把握できることから理解が深まる。

 

 

できれば歴史は得意科目の一つにしておくことが理想なのは紛れもない事実だね。